背中ニキビはストレスやホルモンバランスの乱れが原因

背中ニキビとストレスの関係性

背中ニキビや胸元ニキビは十代の時と比べると、20代後半・30代後半にでき始める人が多いようです。これは俗にいう「大人ニキビ」と一緒です。大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因でできるものです。女性は加齢と共に35歳後半から女性ホルモンであるエストロゲンが減少していきます。しかし、ストレスが加わるとエストロゲンの減少が加速してしまいます。

 

ホルモンバランスが崩れる事で、男性ホルモンが増えたり皮脂の分泌が過剰になってしまい背中ニキビができてしまうんです。顔にできるニキビと違い、背中ニキビはわかりにくいので、気づいた時には炎症を起こしていたという人が大半です。背中ニキビを治すためにはストレスと上手に付き合いながら丁寧にケアしていくことで解消できます。

 

ホルモンバランスを整えて背中ニキビとおさらばしよう!

ストレスをなくすというのは現代社会では、なかなか難しいですよね。なので、体をリラックスさせてストレスを少しづつでもこまめに発散して溜め込み過ぎを解消しましょう。また、女性ホルモンを増やしたりバランスを内側から整えてあげることと、外側からのニキビケアをしてあげるのも背中ニキビ解消の近道です。

 

女性ホルモンを増やしバランスを整える方法

 

  • 腸内環境を整える。
  • プラセンタのサプリメントを摂取。
  • 適度な運動をする。

 

また、アロマテラピーも有効で、ストレスと女性ホルモンのバランス両方を整えるのに有効なのが"ゼラニュウムorジャスミン"と"イランイランorベルガモット"のアロマオイルを好みに合わせてたくといいです。

 

外側からのニキビケア方法

背中ニキビ(大人ニキビ)に有効なのは保湿することです。市販のクリームは油分が多いものがほとんどなので、ニキビケア専用のケア化粧品を使うのがおすすめです。ビタミンCが高濃度で配合されているものがいいですね。ビタミンCはニキビ跡の解消やなにより、ニキビの原因になる皮脂の過剰分泌を整えてくれるからです。

 

内側・外側からしっかりケアして背中ニキビ&大人ニキビとさよならしましょう!

 

背中のにきびを改善できる化粧品はこちら