背中のにきび跡の改善方法

そんな理由でにきび跡ができてしまうなんて・・・

にきび跡には3種類あります。赤みのあるニキビ跡・色素沈着でシミのようなにきび跡、凸凹になるクレーターニキビ跡です。それぞれ、原因には違いがあります。ニキビ跡の改善をするためにもまずは原因を知っておきましょう!

 

赤ニキビ跡

赤みの残ったにきび跡は、にきびが炎症を起こし毛穴の周りがうっ血した事で赤みが残ってしまったのです。また、にきび跡に見えますが、実は肌内部ではまだ炎症が続いてしまっている状態です。

 

色素沈着ニキビ跡

紫外線を浴びたことにより、アクネ菌が分泌する活性酸素を大量に発生してメラニンを作りだし、色素沈着=シミになってしまったのです。

 

クレーターニキビ跡

ニキビが炎症していて、膿を外にだすために無理やり潰した事によって肌が傷つき、肌内部の細胞が崩れてしまってできたものです。また、ニキビケアを放置したままにしておいたことなどで、にきびの炎症が深くなり通常のニキビよりも根が深くなってしまったのも原因です。

 

ニキビ跡の改善方法

これらのにきび跡の改善は、皮膚科や美容整形に通わなくても、自宅で毎日ケアを続ける事で改善することができます。ニキビ跡の改善に効果的な成分を配合したスキンケアアイテムを選びましょう。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には、にきび跡以外にも肌ターンオーバーを促進したりと美肌になるには欠かせない成分です。以下のような効能があります。

 

  • 美白効果
  • 過剰な皮脂の分泌を抑える
  • ニキビ予防
  • 肌内部のコラーゲン生成を促す
  • 色素沈着の抑制

 

これは、赤ニキビ跡・色素沈着ニキビ跡・クレーターニキビ跡全てのニキビ跡の改善に効果が期待できます。それは、ビタミンC誘導体のコラーゲンの生成を促進する効能がポイント。コラーゲンの生成が活発になることで、肌のターンオーバーが正常になり使い続ける事で改善できるんです。

 

また、コラーゲンは肌の弾力を与えるので、内側から肌を押し上げる事で凸凹のクレーターの修復も期待ができます。ただ、クレーターの場合は他のニキビ跡と違って長い時間が必要なので、くじけずに毎日コツコツケアをしてあげましょう!