背中ニキビとかゆみの原因とは

背中ニキビのかゆみが我慢できない!

背中のかゆみは背中ニキビが原因だと思っていませんか?確かに、背中ニキビは他の皮膚に比べて炎症を起こしている事で色々な事に敏感になっています。敏感になった肌は、外部からの刺激に弱くなっています。

 

  • 肌の乾燥
  • 洋服や髪の毛の刺激
  • お風呂などで血行が良くなる

 

などが原因でかゆみが起こしているんです。しかし、これはニキビ自体ではなく肌の乾燥が原因です。特に冬場は肌が乾燥するのでかゆみが増してしまいます。でも、我慢できなくてボリボリかいてしまうと背中ニキビの悪化や飛び火となって、よりかゆみを広範囲に広げてしまう事になります。

 

改善するためにも肌を乾燥から守り、しっかり保湿してバリア機能を高め、刺激に強い肌に育ててあげましょう。

 

かゆみを抑えるには肌を冷やすのが有効

保湿すれば背中ニキビやそれにともなう痒みは改善できます。しかし、痒みについては保湿するだけでは即効性はありません。お風呂などで血行がよくなり体が温まると痒みは増します。応急処置として有効なのが体を「冷却」してあげることです。"保冷剤をタオルでくるんだもの"や"冷水で冷やしたタオル"を痒みのある部分にあててよく冷やしてあげることで痒みを抑えることができます。

 

また、湯船の温度を36〜38度程度のぬるま湯にすることも有効です。冬はさすがに寒いので、夏場などの暖かい時期に試して見てください。冷却してかゆみがおさまったら、クリームやジェルでしっかり保湿して背中ニキビの改善と痒みをおこさないように同時にケアしてあげましょう。

 

保湿もできるニキビ治療薬ランキング